termination

多様性

2021年1月13〜15日の日記

デート(ほぼ殴り書き)

「課題をやろう」という名目で恋人と外泊へ。
都内のホテルだったが和風の内装で雰囲気もよく最大24時間入れるプランでも1泊2400円ほどという破格さ。朝食としてパンも無料で食べれる。近くには飲食店やスーパーもあるので素泊まりでも困らない。中々良い場所だった。
「部屋が空いてたから」と予約よりも広い部屋に通されるホスピタリティ。安い上に居心地も良かったので急遽もう1泊することにしたら、今の部屋をそのまま使っても良いということに。やば。
今月は課題が忙しくなるので近いうちにまた利用してもいいだろう。
和風の内装だと気分は旅館に泊まって缶詰で仕事をしている作家のようだ。
俺はほとんどレポートを書く上で必要だった本を読んでいただけだったが。
恋人はレポートを書いていた。「めちゃくちゃ良い文章が書けそうだからそこそこの文章が書けるまで休憩する」と言っていてなんで?となった。疲れるかららしい。仕方ない。
1000文字程度のレポートに2000字書いて「まだ半分」と言っていたので恐ろしかった。

食事中は「憂国のモリアーティ」の観ていなかった回を観た。面白い。

ホテルから出てからはなんとなく名残惜しかったので昼食ののちカフェに入ってお互い作業。
雰囲気が良くとても落ち着けた。
俺は特にこれを成し遂げた!というものはなかった。
恋人は課題を仕上げてそれを一部改変して記事を書いていた。

oz57635347.hatenablog.com

Twitterで身内から「圧倒的文章力」という反応があったので「でしょ~」とリプしそうになった。リツイートでとどめた。
その後解散。良い3日間だった。

履歴

13日

14日

15日