termination

多様性

睡眠不足/バイトの面接 (2021年3月2日の日記)

極寒だ…

朝書いた一文だけど昼間はそうでもなかった。夕方から風は強まるし雨は降るし散々だった。風強すぎたぞ。何やってんの。気候。

早起きした。早起きしたのですごく眠かった。体が「睡眠不足だぞ!!!!!!!!!!!!!!!おい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」という感じのコンディションだった。睡眠不足特有の胸に空間がある感じというのだろうか。アレだった。

バイトの面接へ行った。バイトというかなんというか、という感じではあったが。
数億年ぶりに計算問題を解いた。中学レベルとはいえそれでも解けた自分に驚く。途中まで思いっきり間違えていたが。
問題を正しく解けた時の、解答がピタリと当てはまった時の快感を久々に思い出した。もしかしたら初めてかもしれない。中学の数学をやり直してみるのもいいかもしれない。
明日には採用かどうかが分かるとのことだった。どうしようかなここ…。楽しそうではある。

バイト終わりに病院帰りの恋人に会い一緒に昼食を食べた。扁桃腺炎とのことだった。コロナとかではないのが安心した。
久しぶりの外出で気分がすこぶる良さそうだったがそれでも体調が悪いことに変わりはないので昼食を食べたらすぐに家まで送っていった。すぐと言ってもまあまあ散歩した。前回会った時からまあまあ時間が経っていたので上機嫌な様子を見れて安心した。

解散してから1人秋葉原へ。少々散歩してからカラオケに2時間半居座った。久々に思いっきり歌えて楽しかったが喉への負担がとても大きい。かなり擦れているのが分かる。
その帰りにブックオフに寄り、文庫版『火の鳥』の3巻(ヤマト・異形編)を購入。極貧なのに。他にも買おうとしたが自制心を強く持って耐えた。偉すぎる。

そうして必要以上の(遊んでいる時点で十分に余分ではあるが)出費をすることなく帰ろうとした。のだが、最寄り駅に着いてから証明写真を撮ろうとしていたことを思い出した。
どう考えてもカラオケや漫画より優先順位は高いのだが完全に忘れていた。今後必要になるので仕方なく撮った。計画性を持って行動しないとこんなことになる。

今日受けた所と別にもう1件バイト面接の予約があったのだが、ネットで調べてみると評判が最悪で、親にも勧められなかったのもありキャンセルすることにした。
キャンセルなどの対応窓口の電話受付時間を完全に過ぎていたり、キャンセルの理由を「急用ができた」というなんとも粗末なものだったりしたのもあるのだが、そういう理由でのキャンセルの旨を採用担当者に伝えたところ「あーはいはい急用ね」という感じで軽くあしらわれた。ちょっと引っかかった。もうそのバイト先に応募することは無いと思うのでキャンセルできれば後はどうでもいいが。そういう社員がいるところで働いてたかもしれないと思うと直前でキャンセルできただけ良かったのかもしれない。

日記を書き終えたら「ぼのぼの」を観て寝る。
明日は何もない日なので家でドラマや映画を観たり曲を作ったりブログを書いたりしたい。

履歴