termination

多様性

似たような3日間/面接 (2021年3月4~6日の日記)

ほとんど何をするでもない3日間だった(5日だけバイトの面接に行った) 

この3日間ずっと似たような1日を過ごしていた。
昼前に起きて遅い朝食を食べ夜までずっと何をするでもなく過ごす。ブログを書いたり曲を書いたりするわけでもない、とても非生産的な生活。それはそれでいいのだがアウトプットする時間を取れない自分には焦る。ここのバランスを上手く取って過ごしたい。

とはいえ細々としたことはしていた。
4日にはバイトの面接のために履歴書を書いた。
5日はその面接へ行った。こちらの働ける都合と面接先の稼働時間が合わず、面接段階で既に不採用が決まった。面接に対応してもらった社員の人は愛想が良くとてもリラックスして面接を受けることができた。そういう感じだとこちらとしてもとてもありがたかった。
帰ってからは何をするでもなかった。

6日は前より種目は少ないが最近の中では1番筋トレをやった。えらい。

何かをするわけではなかったが恋人とたくさん会話した。幸。

明日は何かしよう。

履歴

4日

5日

6日