termination

多様性

好きなことをすることが苦しい日 (2021年3月17日の日記)

昼に起きた

特に何かあった訳ではないがずっと気分が落ちていた。

映画やドラマやアニメなどを観ようとする時、極たまに「時間の無駄なんじゃ」という邪念がよぎる。今日がそうだった。
食事中に『新世紀エヴァンゲリオン』を観ようとしたのだが、そのような考えをしてしまったのでその時は観れなかった。結局適当なYouTubeの動画を観て終わった。過ごした時間は何も変わらないのにだ。
よく見るようなYouTubeの動画が長くても10分程度で終わるのに対してテレビ番組だと30分は拘束されるし、映画なら1時間半や2時間以上使う。その間に何かできることがあるのではないかと考えてしまう。そう考えても大抵はどうでもいいネットサーフィンで時間を使い果たすので結果的にその方が時間を浪費してしまっている。ならばサブスクにも加入している訳だし何かしらを観た方がいいのではないかと思うのだが、それでもできない時が多い。観るためには何故かやたらとやる気を出さないといけないし、「この時間で曲とかの作業進めた方がいいんじゃ」とか考えてしまう。実際はそんな事滅多にしないのに。
これについてまた考えてなんだか泣く一歩手前ぐらいに苦しくなってしまった。好きなことのはずなのに好きなことができなくてとても苦しい。しんどい。

そんな事を考えても結局何もしなかった。「そう考えている自分に段々ムカついたのでエヴァを観てやった」という風になったらいいな、と考えていたのだが全くそうならなかった。Netflixのアプリすら開かなかった。作業もせず無為にネットサーフィンをし、その間は明確な理由も分からない苦しさがずっとあった。夕方頃に限界になって1、2時間ほど寝た。家族によると寝ている時に唸っていたらしい。寝ても特に気分は変わらなかった。
あまりに何も上手くいかないので気持ち早めに風呂に入り、気持ち早めにベッドに入った。気持ち早めに入ったが全く寝付けない。いつも通りの入眠時間になりそうだ。
ベッドに入る前に少しでも気分が良くなればとココアを飲んだが、今になってとても後悔している。太る。罪悪感。罪悪感を感じるのも良くない。

これと言ったことが何もできなかったが今年に入ってからの日記にタイトルを付けた。前々からやろうと思っていたがそれ以外にやりたい事も多く、今できることがこれぐらいしかなかったのでやった。

明日は短期バイトの登録会があるのでさっさと寝よう。なんか体調も芳しくない気がするので明日の朝の調子も鑑みることにしよう。

履歴