termination

多様性

何もせず小説だけ読んだ (2021年4月10日の日記)

昨日と全く同じ失敗を繰り返した。8時に起きたことに満足して寝た。くそが。でも10時には起きた。えらいぞ。

編集も終わったので曲が書けるぞ!と思っていたが何にも浮かばなかった。なんだか体も重かったし。気圧のせいにしよう。
何もやる気が起きないし動画の再編集するところを見つけて再びエンコードしていてパソコンを使えなかったので、何ヶ月も積読していた「世紀末の詩」をやっと読んだ。

世紀末の詩

世紀末の詩

 

とても良かった。ドラマのノベライズということもあり淡白な文章ではあるがスラスラと読めた。これドラマで観たかったな…。

読み終わったら作業するぞ!と思っていたがやはり何も思い浮かばず、大学の準備を進めていた。明後日から授業とか嫌すぎる。

明日はバイトの説明会。前と同じところなので新たに学ぶことは何もないとは思うが。

あとこれやります!昨日まで編集してたラジオとかです。

履歴