termination

多様性

夜の匂いと充実した日中とブゥンブゥン (日記 2020/09/18)

いつものことだけど校正とかは全くしてないから文章がおかしいかもしれない。

  • 夜の匂いがやはり好き
  • 今日やりたかったことをほぼ実行
  • ブゥンブゥン
  • 今日の履歴
続きを読む

うっすらとした不安感と沈みを感じていた1日だった (日記 2020/09/17)

日記書く前に課題やったりしてたらなんか疲れてしまったので今日は短いです。

  • うっすらとした不安感と沈みを感じていた1日だった
  • 曲作ろうかともした
  • 明日やりたいことを書いて寝る
  • 今日の履歴
続きを読む

別学科の授業とカラメルビスケットとクウガと履歴 (日記 2020/09/16)

ここの部分になんか書きたかったんだけど完全に忘れてしまった。

  • 受けたい授業、属していない学科
  • クセになってんだ、カラメルビスケット食べるの
  • 仮面ライダークウガを観始めた
  • 日記の日付と履歴の範囲
  • 今日の履歴
続きを読む

バイト先に電話した、記録が消えていく悲しさ ほか (日記 2020/09/15)

過去の日記のフォーマットを今のものに統一した

過去の日記のフォーマットを全部この形式に変えました。
全ての日記にタイトルを付け、さらに大半に見出しと目次を新たに設置。
行頭に全角スペースを入れてるのも修正していくかもしれない。

ついに働きたいバイト先に電話した

いちばん働きたいバイト先についに電話した。
1回目は電話に出ず、2回目で対応してもらえた。
バイト担当の人が電話に出た、そしておそらく名乗ってたのに、緊張しすぎてガッチガチで担当の人がいるかを問い合わせてしまった。
あとはなんとか滞りなく受け答えでき、来週に面接の予定を取り付けることができた。

採用されるかは置いといて、アルバイトに向けて1歩踏み出せただけでかなり心が軽くなった感覚になった。
その勢いで仮歌のバイト募集にカラオケの音源を送り付けた。

同時期に応募した倉庫のバイトは説明会の電話を無視し続けている。

残っていた記録が消えていく悲しさ

恋人が大学用のTwitterアカウントのツイートを一括削除していた。
消えていく様を見てなんだか悲しくなってしまった。

今まで残っていた、そして好きだった記録が消えていくことに対して悲しく感じる。
それは本であったり、誰かが描いた絵だったり、昔よく見ていたホームページやブログや動画だったり、好きだったTwitterのツイートだったりする。

自分のものは割とどうでもいいと思えるのだが、他人のそういったものが消えて、もう見れなくなっていくのは悲しい。

そう感じるのはそれが情報の死だと思っているからだろう。
自分達の記憶(思い出)の中に残っているからいいという考え方もあるが、やはり実体が残っていないのは寂しい。

書いていて自分がツイートやブログの記事を消したときに悲しくなる人がいるのかも、と思ってひぃんとなった。

 

足跡

企画に参加したりしてました (日記 2020/09/13~14)

めちゃくちゃ書いてなかったぞ!?!?!?!?!?!?
まあいいや。
またゆっくり更新していきます。

  • アイマス楽曲のRemix企画に参加していました
  • なんとなく見出しと目次をつけてみる
  • 13日はなんかずっと沈んでた、でも漫画読んだりはした
  • またTwitterアカウントを作って即刻ロックされた
  • 誤字る時「あっ今からここ誤字る!!!」と思いながら誤字る
続きを読む

虚無 (日記 2020/09/08)

今日はとても虚無に過ごしたので何も書くことがありません。
思考もしてないし漫画も読んでない。
あっでもバイトは申し込んでみようという気にはなりました。
とりあえず2つ応募して明日色々揃えてもう1つ申し込んでみるつもり。どうなるか。

選択肢のひとつとしてメディアソーシングの案件(作曲とかナレーションとか)を見てたけど、そこで仕事を取れるほどの実績やポートフォリオ的作品が無いな、とは思った。
いや自分で営業してく中で作っていけばいいのか……?

あとは足跡です。

続きを読む